川崎市のコロナワクチンを予約してみた。優先接種とキャンセル待ちには事前登録が必要。

子育て

タイトルの通りですが、一足先にコロナワクチンを優先接種枠で申し込んでみました。

因みに優先接種の対象は、厚生労働省から出ている通り、以下の通りです。

(1)以下の病気や状態の方で、通院/入院している方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

(2)基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方
  ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
  ※BMI 30以上の目安:身長170cmの方は体重86.7kg以上、身長160cmの方は体重76.8kg以上

BMIが高く、肥満の方が基礎疾患を持っている人と同様の扱いになっているのは不思議な感覚ですが、今回私の場合は、基礎疾患持ちとして優先接種枠で進めることができました。

スポンサーリンク

優先接種の申し込み方法

因みに川崎市の優先接種の方法は、接種券(クーポン)が自宅に届いたのちに以下ページから、優先接種申し込みを行います。

川崎市の優先接種の登録専用サイト

マイナンバーでの入力情報を登録することもできるので、カードリーダのあるパソコンもしくはスマホから上記にリンクをクリックすることをお勧めします。

因みにマイナンバーカードがなくても、手入力で進めることもできるので、ご安心を。

予約サイトにログインできるのは、申請から2日後

このサイトから申し込むと、原則夕方18時までに申し込んだ場合は、2日後の午後13時から予約サイトにログインできるようになります。(金曜の18時以降の場合は、翌週火曜の13時からになります。)

因みに優先接種の申し込み処理が終わっていない状態で、ログインしようとすると、以下のエラーが出ます。

接種券番号とパワワードが一致しないと言われるのですが、どうやら”ログインできない”状態は全てのこのエラーが出るようです。そのため番号とパスワードは正しくても、申込処理が完了していない(二日後未満)状態だと、このエラーになります。

因みに午後13時と書きましたが、正確には12:30〜からログインできるようになります。(私の場合は)ログインできるようになると、一気に枠がなくなっていきますので、出来るだけ早めに接種したいという人はパソコンの前に早めにスタバっておくと良いでしょう。

接種希望日は1日ずつ調べる

因みに登録ができるようになると、マイページにログインできるようになり、接種会場もしくは希望日付から医療機関を選べるにようになります。

日付を一括で検索できないのがとても使いづらいのですが、1日ずつチェックしていき、予約ができる医療機関が見つかると下に接種会場名が表示されます。

2回目のワクチン予約が必要な医療機関がある

因みに医療機関を選ぶ際に注意したいのが、病院によって2回目の予約が必要な医療機関と、1回目の予約と同時に2回目をとっておいてくれる医療機関を2つあります。

2回目の個別予約が必要な医療機関だと、1回目のワクチン接種が終わって3週間後(ファイザー)もしくは4週間後(モデルナ)に、まだ別途自分で予約を入れる必要があります。

これが面倒だという人は、2回目の予約が不要な医療機関で、1回目の予約をすることをお勧めします。

予約サイトの枠は15分おきに更新される

因みに希望の枠で予約ができなかったという人も、予約枠は15分おきに更新されるので、小まめに更新がないか確認すると良いでしょう。

病院によっては、これからワクチン接種を始めるという病院もまだまだ多いので、今日が枠がなくても明日になると枠が出てくるみたいな状況も発生しています。

そのため、枠がなくても諦めずに翌日チェックしてみると意外と予約が取れたりします。

キャンセル待ちは「ワクチン接種協力者バンク」で登録

因みに今回は優先接種枠で予約しましたが、それ以外の方でも早めに予約ができる可能性があります。

それがいわゆるキャンセル待ち登録というものです。

正式名称としては「ワクチン接種協力者バンク」と言って、当日キャンセルが出た場合にワクチン廃棄をさせないために、事前に登録してある人に電話連絡をするというものです。

以下ページから予約をすることができますので、早めに接種する方法がないか探している人はこちらを活用してみるのも良いでしょう。

キャンセル待ち登録専用サイト

あとがき

今回は川崎市でのコロナワクチン予約について、書いてみました。

これからワクチン接種が増えていき、マスクをせずに気軽に外に出歩けるようになると良いですね。

それでは、みなさんご参考あれ。

スポンサーリンク
保育ひろば
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
子育て
みんなの子育てネット
タイトルとURLをコピーしました